美白化粧品に使用される美白成分

美白美容液,化粧品,美白成分

美容液をはじめとする美白化粧品にはいくつもの種類の美白成分が使われていますが、それぞれの成分にはどのような働きや効果があり、またその安全性に関してはどうなのか?

 

など、美白成分の気になるあれこれを調べてまとめました。

 

代表的な美白成分

美白化粧品に含まれる美白成分には大きく分けて
シミを予防するための成分
今あるシミを薄くするための成分
の二つがあります。

 

 

まず、シミができるのを予防する効果のある成分として代表的なものにはアルブチン、ルシノール、プラセンタエキス、エラグ酸、コウジ酸、トラネキサム酸などがあります。
シミを予防するためにはメラニン色素がメラノサイトへ届くのを防いだり、メラニンがメラノサイトで生成されるのを防ぐ必要があり、上記の成分にはこれらの効果が期待できます。

 

そしてすでにあるシミを薄くする効果が期待できる成分としてはハイドロキノン、ピュアビタミンC、ビタミンC誘導体、リノール酸などがあり、これらの成分にはメラニンの生成を抑制するだけでなく、メラニンを還元して薄くする効果を期待できます。

 

 

詳細についてはページ下部で各成分ごとにご紹介していますのでご覧ください。

 

リノール酸
アルブチン
ルシノール
プラセンタエキス
エラグ酸
コウジ酸

 

 

※こちらでご紹介している成分はあくまでも美白成分として代表的なものですので、必ずしもこれ以外の成分では美白効果が得られないというものではありません。ご了承ください。

 

美白成分の安全性は?

シミを薄くしたり予防する効果のある美白成分ですから、肌に対する刺激の強さなどその安全性は気になるところですね。

 

しかし、こちらでご紹介した成分に関してはほとんどが「厚生労働省が医薬部外品として効果を認めたり認可した」ものであり、そもそも美白化粧品とは皮膚を損なわずに安全に色素の減少を誘導する美曰成分を含む化粧品と定義されていることからもその安全性が高い水準にあることがわかると思います。

 

(注)すべての人にとって必ずしも安全というわけではありません。特に敏感肌だったり過去に化粧品で肌に何らかの影響を受けた経験のある方は、初めての製品を試す際には必ず目立たないところでパッチテストを行い、自分の肌に合うかどうかをしっかりと確認するようにしてください。

 

 

気になる美白化粧品や美容液などに関してその安全性についてしっかりと知っておきたい!
という方は、その製品の販売ページにある成分表をチェックしてみることをオススメします。


美白化粧品の美白成分記事一覧

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど、数ある美白成分の中でも特に高い効果を発揮する成分です。多くの美白成分が持つメラニン色素の生成を抑えるという効果だけでなく、メラニン色素を作り出す細胞であるメラノサイトを減少させることで、今あるシミを薄くする効果もある数少ない成分です。同様の効果を持つ成分として「アルブチン」という名前を聞いたことがあるかもしれませんが、ハイドロキノンはこのアルブチンに比...

 
 

ビタミンCは抗酸化作用や美白などに高い効果を発揮する成分として有名ですね。しかしビタミンCはその性質的に熱や水、酸素などに弱いうえ不安定で壊れやすいという特徴があるため、以前は肌から吸収することが難しいとされていました。化粧品等に配合してもせっかくの効果が発揮されなかったのです。しかし、そのビタミンCの持つ高い効果を肌の奥まで安定した状態で届けるために開発されたのがビタミンC誘導体です!誘導体化さ...

 
 

トラネキサム酸は抗炎症や抗アレルギー効果などを持つことから元々は医療の現場で用いられていた成分ですが、シミや肝斑への有効性が確認されたことから現在ではシミ治療用の薬にも配合されたり、美白化粧品においてもトラネキサム酸を配合したものはたくさんあります。長く医療現場で使われてきたこともあり、トラネキサム酸は厚生労働省が認定している9つの美白成分のひとつにも認められているほどです。もちろん、100%美白...