ハイドロキノン

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるほど、数ある美白成分の中でも特に高い効果を発揮する成分です。

 

多くの美白成分が持つメラニン色素の生成を抑えるという効果だけでなく、メラニン色素を作り出す細胞であるメラノサイトを減少させることで、今あるシミを薄くする効果もある数少ない成分です。

 

同様の効果を持つ成分として「アルブチン」という名前を聞いたことがあるかもしれませんが、ハイドロキノンはこのアルブチンに比べておよそ100倍もの美白効果があるといわれています。

 

 

そのため上手に使うことができれば優れた美白効果を期待できますが、その反面肌への刺激が強く、配合率が高いものを使ったり肌に合わなかったりすると人によっては副作用が出てしまう可能性もあるほどです。

 

 

初めてハイドロキノン配合美容液などの美白化粧品を選ぶ方に覚えておいていただきたいのが
ハイドロキノンは濃度が高い=より高い効果が期待できるというわけではない
ということです。

 

 

一般的に販売されている美白化粧品に配合されているハイドロキノンの割合は、厚生労働省が安全値として推奨している2%くらいまでのものがほとんどで、安全性を考えるとこれ以内の配合濃度のものを使うのがオススメです。

 

それでも人によっては肌への刺激を感じることも珍しくはありませんので、初めて使うハイドロキノン配合製品の場合はパッチテストを行って肌との相性や適切な使用量を見極めることが大切です。

 

万が一使用したことで肌が赤くなるなどの炎症を起こした場合はすぐに使用を中止することはもちろん、症状が長引く場合は皮膚科などの医療機関を受診しましょう。

 

ハイドロキノン配合 美白化粧品使用時の注意点

 

ハイドロキノンが配合された美白化粧品を使用する際に注意すべき点をまとめますと

 

使用前にハイドロキノンの性質や副作用の可能性などについて十分に理解する
ハイドロキノンの配合濃度に注意する
記載されている使用方法をしっかりと守る
使い始めにはパッチテストを行って肌への作用を確かめる

 

 

これ以外にも特に注意すべき特徴をあげますと、ハイドロキノンは非常に紫外線の影響を受けやすいため、ハイドロキノンコスメを使用時は日焼け止め等で紫外線対策を徹底することが重要です。

 

また、ハイドロキノンはとても酸化しやすい成分ですので、開封後は冷暗所に保存することと1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。
(厳密な使用期限については各製品の使用説明に従ってください)

 

酸化した状態のハイドロキノンは肌に強い刺激等を与えてしまう恐れがあるのでここも徹底したいポイントです。

 

 

以上のようなポイントに注意して、最強の美白成分ともいうべきハイドロキノンを上手に取り入れてみてください。

関連ページ

ビタミンC誘導体(ピュアビタミンC)
美白化粧品に主に使用される美白成分について解説しています。
トラネキサム酸
美白化粧品に主に使用される美白成分について解説しています。