ビタミンC誘導体(ピュアビタミンC)

ビタミンCは抗酸化作用や美白などに高い効果を発揮する成分として有名ですね。

 

しかしビタミンCはその性質的に熱や水、酸素などに弱いうえ不安定で壊れやすいという特徴があるため、以前は肌から吸収することが難しいとされていました。

 

化粧品等に配合してもせっかくの効果が発揮されなかったのです。

 

 

しかし、そのビタミンCの持つ高い効果を肌の奥まで安定した状態で届けるために開発されたのがビタミンC誘導体です!

 

 

誘導体化されたビタミンCはもろく劣化しやすいその性質が改善されたことに加え、皮膚への浸透力も高まることで本来持つ成分をそのまま肌の奥へと浸透させることができます。

 

これによりビタミンCが本来持っている美白効果や抗酸化作用をしっかりと吸収することができるのです。

 

ビタミンC誘導体の効果

 

ビタミンC誘導体には美白に限らず、さまざまな美容効果が期待できます。

 

美白作用としてはできてしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用や抗酸化作用がありますが、それ以外にもコラーゲンの合成を促進したり肌の新陳代謝を促したり、アミノ酸をメラニンに変換してしまう酵素「チロジナーゼ」を抑制してなめらかで透明感のある肌を作る効果も期待できます。

 

 

さらに、分子が小さいタイプのビタミンC誘導体になるとさらに浸透しやすく、真皮でコラーゲンの生成に働きかけることでシワや肌のたるみなど、さまざまな肌トラブルの改善に効果が期待できるんです♪

 

 

とはいえ、いちばんの特長はやはりメラニンの還元作用でしょう。これに関してはビタミンCのみが持つ作用で、他のどの美白成分にもありません。

 

このビタミンC誘導体を肌の奥へと届けることで、すでにできてしまっているシミやそばかすを薄くする効果を期待できるというわけです。

 

ピュアビタミンCって?

 

ビタミンC誘導体と同じ作用を持ちながら通常のビタミンC誘導体よりも高濃度なものがピュアビタミンCと呼ばれる成分です。

 

濃度が高いため一般的なビタミンC誘導体に比べてその効果も高いものを期待できますが、その分、より皮脂の分泌が抑えられるため、特に元々ドライ肌という方は肌の乾燥を感じて刺激に対して敏感になってしまう可能性があります。

 

 

肌タイプなども踏まえたうえでビタミンCの濃度やそれ以外の成分等もしっかりと確認し、自分にとって適切な美白化粧品を選ぶことが大切です。


関連ページ

ハイドロキノン
美白化粧品に主に使用される美白成分について解説しています。
トラネキサム酸
美白化粧品に主に使用される美白成分について解説しています。